マメ科

May 06, 2006

紅絞り金時菜豆

紅絞り金時マメが持ち上がってきました。今脱皮するのに苦労しています。
金時菜豆は地上発芽なのでこの状態が正しい。
でもこんな大きな頭をよく持ち上げますよね。
マメの背筋力。
この子は蔓が伸びる訳ではないので野草に負けないよう最初だけ除草します。窒素固定は得意かな?インゲンはあまり得意ではないみたいだけど・・・。
今晩から天気が荒れるようですね。畑が心配です。

April 29, 2006

大豆

大豆1

明日の西湘は「晴れ時々曇り」。明日はマメ科の種を蒔きます。で、マメ数種類を昨日から水に浸しているのですが、一番水を吸って肥大化するのは大豆です。



大豆2よくまあ、こんなに・・・・。母方の実家が下町のお豆腐屋さんだったのですが、幼い頃大豆が一晩でこんなに膨らむのを不思議な気持ちで見ていたものです。早朝の大豆を蒸かすボイラー音やラジオの音、厚揚げを揚げる音、大豆の香りが懐かしいです。
大豆はsoy bean。ビーンはpeaと違って豆が地上に出てから葉がでるので鳩に食べられないよう寒冷紗をかけなくてはなりませんね。

April 28, 2006

キヌサヤの花って・・・

キヌサヤの花「キヌサヤの花綺麗ねぇ。」

この間、M姉さんと畑仕事をしていて、惚れ惚れと見てました。

「やっぱりスイートピーと感じが似てるよね。」
「スイートピー?」
「だってsweet peaじゃない。」
「ええっ、そうなの?知らなかった〜。そこで区切るのか〜。」

やたらと感心してしまった。
今年は少し肥料をあげすぎてしまったようです。
木の勢いが良すぎます。
反省。
明日、根粒菌が働いているかどうかチェックしてみようかな。

March 30, 2006

緑大豆

緑大豆先日訪れた那須街道沿いにある「瑞穂蔵」
素朴な田舎料理を食べさせてくれるレストランでとても癒された。写真はそこで購入した「緑大豆」なるもの。お店では「ひたし豆」として出されました。おそらく煮た後、醤油と出汁に漬けたものではないだろうか。これが、枝豆みたいでとても美味。大豆では黒大豆と緑大豆が美味しいと言われているようで、ぜひ自家栽培してみたいと思ったのだが、参考になるような手がかりが見つからない。宮城産が目に付くので寒い地方の豆なのか。数粒残して試してみようと思う。

March 13, 2006

豆の種購入

国華園の種国華園で豆3種を購入しました。
同じパッケージだけど何でもキュートに見えてしまうのは私だけではないはず。異常な喜びように心配そうな家族の眼差し。それを後目にいそいそと種の袋を抱えて一枚パチリ。自分でも思う。少しおかしい。

「えっと、なになに、生産地・・・・・・・・北海道。」

去年の不作が脳裏をよぎるが、ここで育つ事は確認済みなので大丈夫だろう。4月中旬に種蒔きだからそろそろ用意しなくちゃ。

・・・・まだか。

March 04, 2006

エンドウの根粒菌

スナックエンドウ根粒菌密集していたエンドウとキヌサヤの移植をした。
間引き菜を食す贅沢さもあるが、貧乏性なのか私にはとてもそんな事はできない。ちゃくちゃくと収穫できる株数を増やす。
そして、追肥をしながらの土寄せ。エンドウは根と子葉の間からも根が生えるので丈夫に育てる為に土寄せは欠かせない。
トマトも同じ理由で植え付けを斜めにするんだっけね。
で、移植しながら根粒がついているのに気づいた。

「おっ、肥料が効いているのかも」

いくら窒素固定をしてくれると言っても最初に栄養をちゃんと与えないと根粒菌はついてくれない。その根粒を切って中央部が薄赤くなっていれば根粒菌が働いて窒素固定をしてくれている、と言うのだ。『有機農業コツの科学』での学び。
でも、根粒がついた事で浮かれてしまい、スライスしてチェックするのを忘れてしまったよ。
・・・アホか。

January 17, 2006

スナップエンドウ越冬

スナックエンドウ冬越え笹の葉に守られているスナップエンドウ。
密に植わっているので根が動きそうになったら移植しようと思う。
間引き菜としても食せるようですが、やはり豊かに実ったエンドウの方が魅力的。最後に穫れるグリンピースも楽しみだし、心の中はもう春の収穫。気が早い。
気が早いと言えばスーパーに「ふきのとう」が並んでいたので畑をチェック。
全く気配さえ感じなかったので早過ぎる下見に苦笑いした。

November 27, 2005

スナックエンドウ、発芽

スナックエンドウやっと芽を出してくれました。
M姉さんが蒔いてくれたスナックエンドウ。
蒔いた直後は結構鳩がうろついててハラハラしちゃった。
でも、スナックエンドウとかキヌサヤは地中で発芽するから大切な部分を鳩に持って行かれてしまう心配がありません。地上発芽のインゲンは要注意。
春になって根が動き始めたら子葉の直ぐ下からも根が生えるように土寄せをして、安定した窒素固定をさせる為に肥料をあげて、剪定して・・・又忙しくなっていく。
それまでは土作りに精を出しましょうかね。

November 02, 2005

落花生日光浴

ピーナッツ日光浴収穫した落花生、日光浴をしています。
1〜2週間乾燥させるのだそうです。
先日まで咲いていた夕顔を撤去し、その後の支柱を利用。

「何だかとっても充実・・・・ニヘラ〜・・・・しかし、待て。塩茹でするのに何故に干す?」

・・・・しまった、ついカタチから入ってしまった。
明日取り込まなくては。
M姉さんが言うには「濃くてスッゴク美味しい」んですって。
ホントホントぉ?期待しちゃうよぉ?


November 01, 2005

落花生収穫

落花生収穫少しは成長を垣間見たものの、その後地中で何が起こっていたのか露知らず・・・。
さていよいよ、生まれて初めての落花生収穫。が、少しためらう。
本には株元を掘るとあったが、「それでは実が落ちてしまうかもしれないではないかっ」と言う事で周りを大きめに、大きめに、大きめに、大きめに・・・・・少し大きく掘り過ぎました。
相伴に預かっていたに違いないカラス達の恨めしそうな気配に震えながらも収穫無事終了。
お宝を持ってあたふたと逃げ腰で家に帰ったのでした。
Profile
profile

ほおずき

野菜農家

美大でメディアアートを学んだ後、両親の家庭菜園を手伝ううちに野菜づくりにはまる。その後「饗される食」に興味を持ち、皿の上に思いを馳せるプロの農業家になる事を決意。2008年農業修業を開始。ベジタブル&フルーツジュニアマイスター。

特技:ジオラマ制作
   ガーデニング
最近頂いたコメント