July 26, 2005

信州

シャルドネ信州から戻りました。
去年、長野県東御市にあるヴィラデストというワイナリーで何千本というブドウの苗木の植樹を経験。今回は一年ぶりの訪問で、去年そこで知り合った方達と芽欠きのお手伝いをしてきました。やはり自然に関わる仕事をされている方達の笑顔っていいなぁ。




霧ヶ峰2日間東御市で滞在後、3日目はワイナリーで知り合った方のお宅へ。安曇野にあるその家は北アルプスを一望できる高台に建っていました。600本のワインがストックされているらしいのですが、見せてもらうのを忘れてしまった。600本・・・凄すぎ。小林さん、店開けるね。
写真は次の日ニッコウキスゲを観に行った車山高原。何か惹き付けられるものがあって一枚。



ニッコウキスゲ車山、霧ヶ峰高原一帯に咲くニッコウキスゲです。迷い、迷いながらやっと辿り着いた楽園。





ニッコウキスゲ2雲の流れが早くて、太陽が顔を出したり出さなかったり。広大な高原をキャンパスに色の層が変化してゆく様があまりにも美しくて、見とれるしかなかった。溜息の連続です。冨永さん、感謝。
今回の旅は充実していて、いつも畑で接している自然とは又ひと味違うものでした。


西湘は今日台風直撃のはずだったのですが、今とても静かです。
それたかな?
すっごく気合い入れて雨戸打ち付けたのに・・・・。
来てくれとは言わないけどさ。
ayuka0708 at 21:17│Comments(4)TrackBack(1) その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

ヴィラデストガーデンファーム 公式ページより引用 去る7月13日から15日に山梨で開いた2005年国産ワインコンクールで、ヴィラデストのシャルドネが銀賞を獲得しました。金賞はマンズワインさんとシャトーメルシャンさんの2本で、「ヴィラデスト・ヴィニュロンズ・リザーブ.

この記事へのコメント

1. Posted by あつこ   July 26, 2005 22:16
hooozukiさん、おかえりなさい。
フランスのシャトー・マルゴーの隣にあるシャトー・パルメールで収穫作業された女性のエッセーを思い出しました。
この畑では、デンマークから来た中学生たちが手伝いに来ており、生きた社会勉強ということで、これは学校の授業の振り替え単位にもなっており、一箇月も働くそうです。
日本の海外での修学旅行とはだいぶ違いますね。

指を切り傷だらけにして葡萄摘みする子供たちとは対照に、選別台を任された長老グループは鼻歌まじりでポイポイ仕事をしているそうで、葡萄畑での様子がいきいきと書かれていましたっけ。

2. Posted by hooozuki   July 27, 2005 23:50
あつこさん、いらっしゃい。


>hooozukiさん、おかえりなさい。

はい、ありがとうございます。
只今もどりました。

>生きた社会勉強ということで、

ああ、それですよね。
生きた社会勉強なんて良いですね。
もっと、子供には手を使った時間のかかる労働を経験させる必要があるんじゃないかなと思います。畑なんて教材としては最高ですよね。



3. Posted by tominaga   August 01, 2005 09:35
hooozukiさんとは可愛らしい名前ですね。
仕事の合間にちょっとお邪魔します。
 霧ヶ峰で迷うとは私としたことが不覚、飲まず食わずの旅となり申し訳ありません。それでも楽しんで頂けた様子、安心しました。それから車で新宿と言う手もありましたが”あずさ”の方が早くて快適と思い茅野で降りて頂きました。
 信州では時々キツネに騙される?ことがあります。ある夏の早朝飯綱山中を散歩中の出来事です。受験生(自称?)に出会い身の上話を聞かされ励ました後、何故か勝手知ったる山中を4時間程迷いに迷い、あげくの果てに隣の戸隠村にたどり着きました。後であれはひょっとすると飯綱の祠の”おきつね様”か?と半分冗談で思ったことがありました。
 霧ヶ峰のあたりもそんなことが不思議ではない様な大らかな雰囲気がありますね。それからすばらしいヴィラディストの葡萄とニッコウキスゲの写真有難う御座います。ではまた。
4. Posted by hooozki   August 01, 2005 21:15
tominagaさん、ようこそ。

いやいや、本当に楽しかったですよ。
あずさに乗りながら物思いに耽るのも一興でした。
あの晩はあんな遅くまで一体何を話していたのでしょうね。
今度は温泉案内してくださるって。
楽しみだな。
次は秋風吹く東京でお会いするのを楽しみにしております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
profile

ほおずき

野菜農家

美大でメディアアートを学んだ後、両親の家庭菜園を手伝ううちに野菜づくりにはまる。その後「饗される食」に興味を持ち、皿の上に思いを馳せるプロの農業家になる事を決意。2008年農業修業を開始。ベジタブル&フルーツジュニアマイスター。

特技:ジオラマ制作
   ガーデニング
最近頂いたコメント