October 2011

October 17, 2011

那須への準備・・・

畑の野菜や花を使ったイベントも終わり、いよいよ本格的な畑の片付けに入った。それと同時に7月からスタートしたセミナーのビジネスプラン作りで頭が痛い。定員数をかなり上回った中、書類選考で選んで頂いた大切なセミナーだ。受講者の方々も個性的な面々で、とにかくその経験値とモチベーションの高さに驚き、話を聞いているだけでかなり勉強になる。これから那須へ移住し、地域に密着しながら少しづつ枝葉を伸ばす準備をする・・・焦らず・・・確実に・・・・。

matuki2先月はその研修プログラムの一環で静岡県の「ビオファームまつき」を訪問。まずは「レストラン ビオス」で松木さんのサービスを受けながらの食事。外の景色といい、中々落ち着く空間でゆったりとした気分で贅沢を味わう事ができた。昼食後は別の場所で「ビオファームまつき」についての説明、現在抱えている会社の課題、今後の展開などの話を聞き、その後研修生の質問を交えながらの議論が続いた。「ビオス」「ビオデリ」、今度又新しくできるお店、畑の事etc..etc..。苦悩しながらも戦い続ける人のリアルな話は心地良い疲れに満たされる。写真は地元のテレビ局と共同開発したホウレンソウカレーを説明している松木さん。材料にバナナペーストやレモングラス、ゴボウ、ココナッツミルクなど変わった食材を使っている。味はホウレンソウと言うよりゴボウの方が勝っていたが、美味しかった。

matuki11泊2日の研修2日目は午前中に人参の間引き体験があった。農業家である私とパートナーには慣れ親しんだ作業だが、畑に入った事のない方には中々ハードな時間だ。それでも笑いが絶えないのは太陽と澄んだ空気、それと土に触れているからだろうか・・・・。その後は昨日の場所に移って「ビオデリ弁当」を頂き、今度は会社のブレインである山内さんのお話、議論、ワークショップ、発表、最後は「ビオデリ」見学、と内容の濃い時間が続いた。帰りのバスで気絶したように爆睡したのは言うまでもないが、こんなに充実した講習会は久しぶりだ。2枚目の写真は「ビオス」で食した<モロヘイヤと豚タン、ハムのゼリー寄せ>と<2種のジャガイモとマッシュルームのサラダ>。スモーキーな一皿でワインが進む進む・・・。

さて、ビジネスプランのプレゼンまで一ヶ月を切った。頭の痛い日が続きそうだなぁ。
ayuka0708 at 00:13|この記事のURL その他 
Profile
profile

ほおずき

野菜農家

美大でメディアアートを学んだ後、両親の家庭菜園を手伝ううちに野菜づくりにはまる。その後「饗される食」に興味を持ち、皿の上に思いを馳せるプロの農業家になる事を決意。2008年農業修業を開始。ベジタブル&フルーツジュニアマイスター。

特技:ジオラマ制作
   ガーデニング
最近頂いたコメント