May 2008

May 31, 2008

地下足袋デビュー

地下足袋フッ・・・・。

とうとうしてしまった、地下足袋デビュー。とーさんからのプレゼント。
かれこれ履き始めて3週間ぐらい経つが、慣れると楽チン。最初は足ヒレを着けているみたいにペッタンペッタン畑を右往左往していた。実際の足より1.5cm大きいのでよく蹴つまずくのなんのって。今はこれ履いてダンスも踊れる。地下足袋ダンスなんて様にならないが、それ位軽いって事デス。これで作務衣を着て麦わら帽子をかぶれば完璧か。あ、アクセサリーに鍬も持たなきゃね。

ayuka0708 at 23:18|この記事のURL その他 

May 26, 2008

苺の収穫始る

苺2008苺の収穫が始った。苺は出荷していないので全て自家用。収穫第一弾は何にしようか迷った挙句、「苺ソース」を作る事に。

ガラスボールに苺とグラニュー糖を交互に重ね、40度のウォッカを注いで一晩置く。
翌日まずボウルの汁を鍋に移して一気に煮立てる。その後苺を加えて凝固点に達するまでさらに5〜7分位煮る。鍋から火を下し、浮きかすを取って数分間落ち着かせる。
加熱殺菌消毒したジャーに詰め、密封。

色々使い道がありそうです。

苺22008

これからが本番。鳥も食べに来るので競争だわね。次は砂糖を使わないで何か作りたいな・・・・。
ayuka0708 at 08:31|この記事のURL バラ科 

May 21, 2008

農場パーティー、再び

小山シェフ一昨日、3ヶ所のレストランからシェフとスタッフの方々が集合。何とも賑やかな方達で畑でとーさんの講義を聞きながらも笑い声が絶えない。小山さんという一番賑やかで温和そうなシェフとお弟子さんの御一行だ。
で、又農場パーティー。一流シェフの料理に混じって農場の野菜も頑張る。堂々としたもんだ。グリーンサラダはもちろん、ソラマメとペコリーノチーズのコンビ、ズッキーニの漬け物、ゆべしetc...。仕事中にも関わらずワインを少し頂き、良い気分になってしまいました。でも小山シェフは仕事となるとかなり厳しくて鉄拳が飛んでくるんだとか・・・・・・やはり、真剣勝負ですものね。その位でないと。
ayuka0708 at 00:14|この記事のURL【食すこと】 

May 16, 2008

今年のトマティロ

トマティロ20081週間前ぐらいに定植したトマティロ。蒔いた種が発芽するか不安だったので、今年は4種類株を購入した。結構様々な色があるようなので結実が楽しみだ。写真はドクター・ワイシュズ・イエロー・・・・・・と言っても実を見なけりゃ何が何だか分からん。「ナイスなスイート・フレイバー」らしいのでジャムにできるかもしれない。あともう一種類気になる品種を植えたのだが、それは又の機会に。
今年はトマティロ祭りができるくらいの苗が育っている。私の心配をよそにハウスで蒔いた種は殆ど発芽した。とーさんがナーセリーからもらった苗も大量だ。

ど、どうする・・・・・。
ayuka0708 at 00:11|この記事のURL ナス科 

May 10, 2008

プチヴェールの森

プチベールの森私がここへやってきた時にはもう終わっていたプチヴェール。美味である事が判明してからは少々悔しい思いで眺めていた。今はアブラナ科らしい花が咲き畑を鮮やかに染めている。芽キャベツの一種なので木の姿も独特だ。今日は森の様になったプチヴェールを一枚、カシャリ。
それにしても5月なのに何なんだこの寒さ・・・。
子供達が農場でツリーハウスを作りに来ていたが生憎の雨で午後は中止。どんなツリーハウスができるのか、設計図はとーさんの頭の中。藤森照信みたいのができちゃったらスゴイ。
ayuka0708 at 16:58|この記事のURL アブラナ科 

May 06, 2008

チェリーセージ

チェリーセージ今までセージと言うとコモンセージが頭に浮かんだが、最近ではハウスに植わっている汽船Д蝓璽察璽遣兇鮖廚そ个后ここに来て初めて知った顔。鳥みたいだ。確か南方でこんな格好しながらダンスして求愛する鳥がいたっけね。このチェリーセージは様々な色があるらしいのだが、私のお気に入りはヤメンシス“サーモンピンク”というタイプ。色も甘味も香りもとても良い。でもセージってサルビアなんだよね。知らなかった・・・。
ayuka0708 at 00:23|この記事のURL シソ科 

May 01, 2008

紫キャベツ

キャベツ2畑のゴミ入れに転がっていたミニ紫キャベツ。畑を観察していると面白いものが見つかる。特にゴミ入れは知らない間に違ったものに変化する事もあるので貴重だったりするのだ。そこからヒントが見つかるかもしれない。花のようなこの紫キャベツ、試しに味見してみた。この農場特有の濃くて甘い味がする。
ayuka0708 at 07:14|この記事のURL アブラナ科 
Profile
profile

ほおずき

野菜農家

美大でメディアアートを学んだ後、両親の家庭菜園を手伝ううちに野菜づくりにはまる。その後「饗される食」に興味を持ち、皿の上に思いを馳せるプロの農業家になる事を決意。2008年農業修業を開始。ベジタブル&フルーツジュニアマイスター。

特技:ジオラマ制作
   ガーデニング
最近頂いたコメント