May 2006

May 31, 2006

Rosa Bianca Eggplant定植

rosabianca定植Rosa Bianca Eggplant定植しました。
濃厚でクリーミーな味わいで、煮込み料理や詰め物や揚げナスまで美味しいおナスですっ。楽しみだな〜。花芽はまだ出ていませんが、木の勢いをつける為に若苗を定植です。トマトと違って木ボケする心配がないそうで、逆に大きくなりすぎた苗を植えて根が張らない内に実を付けさせると木負けしてしまうようです。浅植えにして、仮支柱で苗を誘因。最初は少し乾燥ぎみにして根張りを良くします。草マルチは株元を覆わず、半径10cmは開けておく。ここは結構大切で一昨年は危なくこれで枯らしてしまうところでした。

さてと、明日は何をしようかな。そろそろウリ科の定植でしょうか。昨夜は全く眠れず意識がなくなったのが朝の5時。私は一体何を興奮しているのでしょう。

May 30, 2006

Pruden's Purple Tomato定植

Pruden's-tomato定植2種目のトマトを定植しました。
Stupice Tomatoもそうでしたが、葉がジャガイモみたい。変わってる。少しヒョロっとした感じもするのですが・・・。こうゆう姿なのかしら?判らないので少し深めに植えました。莟を外側に向けて、植えたら草マルチ。よし、(自分では)完璧っ。

今日は午前10時〜午後1時、その後5時〜7時と5時間も畑にいました。それなのに仕事が全部終わらなかった。夏へ向けてやる事が多すぎます。そろそろ、ヘチマやスイカ、カボチャも定植しなくてはなりません(汗)。

May 29, 2006

Purple Top White Globe Turnip

紫のカブ1なっが〜い名前の、この野菜の正体はアメリカの伝統品種のカブです。もちろん「たねの森」さんから入手したもの。紫と白のグラデーションが美しく入るようです。楽しみ。

紫のカブ2少しばかり間引きました。すでに、紫が入りそうな予感。夏のアブラナ科は辛み大根とラディッシュぐらいでしたのに、今年はカブも参加。明日は2度目の種蒔きです。

May 28, 2006

内城菌がんばってます

内城菌57度3月から始めた内城菌堆肥づくり。あの頃はまだ寒くて堆肥作るのに「あったかぁ〜い、ぬっくいぬっくい。」などと思っておりましたのに・・・・。今の気温で57℃はキツイです。生ゴミと米糠を毎日混ぜるのですが暑くて、熱くて倒れそう。でも内城菌が働いてくれているんだなぁ、と思うと罰当たりな事は言えませんね。EM菌はその都度菌を生ゴミに混ぜますが、内城菌は滅多に菌を足しません。とても経済的です。
先日驚いたのですが、完成したと思った内城菌堆肥に土を混ぜたところ、スゴイ勢いで再度温度が上がりました。次の日の湯気の凄さにビックリ。いきなり畑に混ぜなくて良かったです。危ない、危ない、野菜を蒸かしてしまうところでした。

May 27, 2006

ミニチュアガーデン

tablegarden『テーブルで育てる小さな森 Table Garden』矢野TEA著
小学館出版

今日、殆ど一目惚れで購入してしまったTable Garden。昔からジオラマとかミニチュアのモノが好きで、作品もサイズの小さいものに惹かれてしまう。ギュッとサイズを小さくした分、密度が上がる感じにウキウキします。日本の見立ての文化は本当に素晴らしい。盆栽を見るのも結構好きで、一時盆栽士を目指そうかと思ったくらいでして・・・。去年作ったサトイモの盆栽は中々風流でした。この本の著者は、野菜で生け花作ったりしていらっしゃいますよ。剣山に野菜挿すのも楽しいかもっ。新たな楽しみが増えました。

magnetこれは、先日見つけてしまった調理器具のミニチュアマグネット。我が家の冷蔵庫はこんなのが沢山張り付いています。もう、かっぱ橋の「サトウサンプル」なんぞ行った日にゃ大変。両親は何も言わないけれど、あれは諦めてるな、グフフ・・・・。

May 26, 2006

Tomato Golden Konigin植替え

golden-konigin植え替え黄色の中玉トマト。先日定植したStupice tomatoと比較栽培しています。しかし、同じように育てたつもりでも生長の度合いが大分違うのです。このトマトは莟がとても小さくて定植にはまだ時間がかかりそう。という訳でひと回り大きいポットに植替えました。あと10日もすれば莟も膨らむでしょう。西湘は今週末天気が崩れます。来週頭に回復するようなのでもう一種類、Pruden's Purple Tomatoを定植します。だんだんと畑が賑やかになってきました。

May 25, 2006

ノルウェーno.22----Rondane National Park 3

rondane妖しい雲久しぶりにノルウェーの記事です。
前回はおじさん達2人とハイキングに行ったのに麓でお留守番をするはめになった事を書きました。置いてけぼりにされた後(あれ?この間もそんな事があったような。)、近くのレストランで軽い昼食を取り、低い丘を登ることに。食事の量が凄かったので少し包んでもらってから出発。この日は本当に良い天気でさらさらした風が心地よかったんです・・・が。途中包んでもらったサンドイッチを食べながら休憩していると向かいの山から何やら妖しい雲が。

rondane雨雲と、思っていたらたちまち雨雲に。写真を見ると分かりますが、気づかないうちに結構高いところまで登ってしまったんですね、私。慌てて降りたものの、間に合わず。結局、雨雲に捕まり全身びしょ濡れ。なのに、向かいの山に登っていたお二方は妙にハイテンションで「濡れちゃったぁ〜○△×□?!」などと喜んでいました。そ、そうか!あれはハプニングさえも楽しめる精神的余裕の現れだったのかっ!
ふ、深い・・・・多分・・・。

May 24, 2006

クリーピングタイム

クリーピングタイム地面に這いながら伸びるクリーピングタイム。
葉の香りは少し弱いけれど普通のタイムの薬効以外にも鎮静作用があるのだとか。1株で結構地面をカバーするんですよ。このタイムも1年で大分大株になりました。放っておいても逞しく生長するのでオススメのハーブです。そろそろ移植して畑を飾ってあげようと思います。

May 23, 2006

ラディッシュ

ラディッシュ発芽ラディッシュ発芽しています。
赤と緑のコントラスト美しいですね。
二十日大根と呼ばれるくらい夏の生長は特に早いわけですが、やはり冷涼な気候を好むらしいです。一度時なし大根を4月下旬に蒔いた事があるのですが上手にできませんでした。以来夏にあるアブラナ科はラディッシュと辛み大根だけです。

ラディッシュの袋今回蒔いたのは@Mさんに頂いたラディッシュ。ドイツ種だけれど栽培方法に違いはないでしょう。最低地温は6℃〜8℃ですって。やはり極寒に耐えるわけではないのね。

May 22, 2006

Stupice tomato定植

stupice tomato定植中玉の赤いトマトを7本定植しました。残り2種類を7本づつとM姉さんが持ってきてくれる変わり種6本を入れて大体30本近く植える予定です。植える所だけは掘って腐葉土や肥料を入れますが、その周りは野草を生やしたままで耕やしません。砂地っぽいので酸素供給させる為に四苦八苦です。たねの森さんから購入したStupice tomatoの袋には「旧チェコスロバキアの伝統品種。味がよく、皮の柔らかい中玉トマト。耐暑性、耐寒性に優れ、長期間栽培可能。」とあります。育てやすい品種なのかな?残りの2種も1週間後には定植できるでしょう。今年も夏が楽しみになってきました。
Profile
profile

ほおずき

野菜農家

美大でメディアアートを学んだ後、両親の家庭菜園を手伝ううちに野菜づくりにはまる。その後「饗される食」に興味を持ち、皿の上に思いを馳せるプロの農業家になる事を決意。2008年農業修業を開始。ベジタブル&フルーツジュニアマイスター。

特技:ジオラマ制作
   ガーデニング
最近頂いたコメント